夏の気になる汗のニオイに制汗剤

ほんの数滴で効果バツグンの制汗剤「オドレミン」って?

ニオイ対策でお悩みの方たちは様々な制汗剤を試したと思います。そんな中でも非常に効果があると評判の「オドレミン」。
効き目がバツグンなのは間違いないのですが、使い方がちょっと難しい?「オドレミン」を上手に使用するにはちょっとしたコツがあるようです。

 

成分とセールスポイント

ワキガ、汗臭、制汗の効果がある「オドレミン」。有効成分は塩化アルミニウム、他にはグリセリン、水です。比較的酸性が強く、やや皮膚への刺激がある成分です。そのためまれにかぶれることがあります。その場合は2倍希釈して使用してください。
軽い粘調度があり、皮膚につきやすくほんの数滴で効果が望めます。また、無臭ですので他の化粧品の香りを損なわず、男性にもオススメです。ワキだけでなく足臭にも効果があります。

 

正しい使い方

就寝前の入浴後、2〜3滴を指に取り、ワキなど汗を止めたい部分にすり込むように塗布します。その時ビンを振って液をよく混ぜてからお使いください。その後は充分に乾燥させてから衣服を着用すること。
少量で効果がすぐに出ますので、効果が出てるなと思ったら、その日の夜は塗布しないで、翌日に塗布します。このように効果が弱くなってきたらその都度使用。使用頻度を間違えると、かぶれの症状、かゆみや痛みが出てしまうことがありますので気をつけてください。通常効果は2日、長い人は4〜5日続きます。

 

汗腺を物理的に塞いで汗をピタッと抑える「オドレミン」。両刃の剣のような強い薬なのだと思います。自分に合った間隔で、かぶれないように上手に使いたいものですね。なお、1週間使い続けて効果が無い人は合ってないそうです。